おしらせです。

太陽光発電システム込みで 1200万円以下 
     
ひびきの家eco 販売開始!
土地情報 相生市  古池1区画 分譲中。 

はつみホームの社長日記PARTUブログ  毎日更新中。
      左斜め上施工現場の様子、毎日公開中です。 

はつみホームの事務所、見学 いつでもOKです 来てね。
(いつも現場に出ていますので、来られる前に ご連絡 お願いいたします。)

次世代省エネを考える。

はつみホームが第三者監理を

お願いしています堀建築士

暖かさを体験して頂きました

ひよりの家 相生古池

 

CIMG9657.JPG

堀建築士です。

 

CIMG9133.JPG

このシーリングファンと、

珪藻土が

非常に効果を発揮してくれます。

 

この

ひよりの家 相生古池で

使用されています

断熱材は

現場発泡ウレタンフォームです。

CIMG7401.JPG

 

CIMG7411.JPG

壁に、75mmの厚みで

吹きつけられています。

 

そして、意外なことに

屋根裏は、

16k相当 105mm厚の

ロックウールを

2枚重ねです。

CIMG8137.JPG

よりよい効果、

よりよいコストパフォーマンス、

よりよい施工性と

追求し、考え、

はつみホームが

到達しました結論です。

 

そのあたりの秘密は

また後日。

 

断熱材のページトップへ

羊毛断熱材

 P3100997.JPG    

厚みによって               
2種類の羊毛断熱材          
を使い分けています。           

  P2280936.JPG

屋根裏にも すきまなく
貼っています。

 

羊毛には、すぐれた断熱性があることは、もちろん。

調湿性にもすぐれています。

そして、なによりも 環境にも人にも優しい素材であること。

 

 

猛暑といわれた昨年(2008年)でも、

はつみホームでは 

ほとんどクーラーを使用していません。

そもそも、寝室にエアコンがありません。

 

施工させていただいたお客様からも、

真夏に、二階で普通にお昼寝ができるという

うれしいお話を聞かせていただいています。

 

注 ただし、現在 はつみホームでは、

  羊毛断熱材は、ほとんど使用していません。

  次世代省エネ基準をクリアしなくてはならない場合に

  コストがかかりすぎることも一因です。